サナブリ真木のなるほど!ブログ

カフェを経営したり、子育てしたりする中で、気付いた事を発信していきます!

手放したもの その15 固定概念

Happy Halloween

こんにちは!サナブリ真木です。

今日は、ハロウィンですね!

 

ハロウィンは、古代ケルト人の秋のお祭りで、亡くなった人の魂が帰ってくる、お盆のようなものらしいですよ。

 

なんかよく分かりませんが、私は、非日常や、イベントがワクワクするので大好きです(๑˃̵ᴗ˂̵)

 

とりあえず盛り上がって行きましょう♪

 

サナブリでは、今日まで、

ハロウィンスイーツプレートを販売しています。

お子様にはお菓子のプレゼントもありますので、是非お立ち寄りくださいませ〜〜(´∀`*)

 

今日は、手放したものの、まとめに入ってくるのですが、

固定概念について書きたいと思います。

 

私は、今まで全く疑わず、当たり前のように、たくさんの固定概念を握りしめて生きてきました。

例えば

 

「子供は褒めて育てなければならない。」

「親の喧嘩を子供に見せてはいけない。」

「人に迷惑をかけてはいけない。」

「人の役に立たなければならない。」

「努力は裏切らない。」

「頑張った人が成功する。」

「いつも感謝していなければならない。」

 

などなど、た〜〜っくさんの、ルールを常識だと思い、大切にしてきたのです。

 

何故、そう思ったのかといえば、一番は、誰かが言っていたからだと思います。

 

子供の頃、お母さんが言っていた

子供の頃、先生が言っていた

読んだ本に書いてあった

自分が体験し、正にその通りだな!と思った

 

という感じで、そのルールは、どんどん増えていきました。

 

そして、このルールを疑った事なんて1度もありませんでした。

 

絶対に「正しい」

 

と思っていたのです。

 

ですから私がこの、ルールを手放すきっかけになった本に、

 

「もし、道で知り合いの人に会っても、笑顔で挨拶しなくてもいい。」

 

と書いてあり、それを読んだ時には、椅子から落ちるくらいの衝撃を受けました。

 

何故、私達はこんなに、沢山のルールを自分に課して生きているのでしょうか?

 

それは、紛れもなく、不安からきているのだと思うのです。

 

受け入れられない不安

 

これ以上の不安があるでしょうか?

人間は、1人で生きていけないように出来ているので、みんなに、受け入れられない事が、本能的に怖くて仕方ないのだと思うのです。

 

だから、受け入れられる為、愛される為に、毎日沢山のルールを作り、必死でそれを守って、愛される努力をして、生きているのだと思います。

 

ですが、本当は私達は、もっとフラットで、もっと自由な存在なのです。

 

人に受け入れてもらう為に、自分を殺す必要など全く無いのです。

 

何故ならば、

すでに愛されているから

すでに足りているから

です。

 

よく、考えてみたら、

「子供は、褒めて育てなければならない」

ならば、あまり褒められず育った人は、どうなるんでしょうか?親がいない人は、どうなるのでしょうか?

 

「努力は裏切らない」

ならば、努力している人は、みんな幸せになっているはずです。みんながみんな、報われているでしょうか?

 

「頑張った人が成功する」

ならば、頑張った人全員、結果が出ていなければ、おかしくありませんか?

 

「迷惑をかけてはいけない」

ならば、赤ちゃんや、寝たきりの人はどうなるのでしょうか?

世界有数の大富豪や、成功者は、迷惑をかけずに生きているのでしょうか?

 

すべて常識だと思い込んできたことは、みんながそう言っていたかもしれませんが、

「絶対に」などという事は、ひとつも無い

という事です。

 

うまくいかない事が増えてきた時は、自分に課したルールが守れなくなってきている時です。

 

ルールが制限となり、自分の動きを封じるかのように、身体をグルグル巻きにしている時なのです。

グルグル巻きに自分でなっておいて、転びそうで怖いので、

「押すな!押すなよ!」

と、周りの人を牽制します。

 

周りの人は、どうしていいか分かりません。

 

そうなった時こそ、ひとつ、ひとつ、自分を縛っている紐をほどいて、

全くニュートラルな状態で、どう生きるかを決め直せば、いいのと思うのです。

 

お金が1兆円あって、何をしても、みんなから尊敬され、愛されているとしたら、今日、何をして過ごしますか?

 

誰と、どんな話をしますか?

 

もう一度、すべて0から、選び直してみたら、意外に、今やっている事や、今、横にいる人を選ぶ人も多いのではないかと思います。

 

苦しくなったら、周りの人の考えや、外の情報に目を向けるのでは無く、自分の内側に入っていく。

 

そうすれば、本当の自分、本当の想いが必ず見えてきます。

 

この、騒々しい世の中だからこそ、忙しい毎日だからこそ、自分の心を大切に、静かに過ごす時間が、必要なのかもしれません。

 

私は、静かに過ごす時間などハッキリ言って全くありませんでした。

 

常に、1人で慌てていて、早口で人に質問し、相手が答える前に、自分で答えて、走り去っていました。 

完全に、不審者です。

 

でも、今は、

本当にやりたい事をやろう!

自分の役割を生きよう!

と決めて、ニュートラルな中から選択をして過ごしています。

結局、子供を褒めたり、努力したり、頑張ったりして生きています。

 

道で、知っている人に会ったら、笑顔で

「こんにちは!」

と言って生きています。

 

やらなければならないからでは、ありません。

そうしたいからしているのです。

 

結局、本当に自由になった時に、心の底から

「人を不幸にしたい」

という人などいないのです。

 

何故ならば、私達はみんなつながっている

からです。

 

私の幸せは、みんなの幸せで、みんなの幸せは、私の幸せ

という事なんですね!

 

今日も、自分の心に正直に、自由にのびのびと生きましょう!

 

毎日、生まれ変わったつもりで、選び直しながら生きましょう!

 

読んでくださってありがとうございました〜(๑˃̵ᴗ˂̵)

 

またお会いしましょう!