読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サナブリ真木のなるほど!ブログ

カフェを経営したり、子育てしたりする中で、気付いた事を発信していきます!

色々握り締めているとうまくいかない。ではどうしたら、手放せるのか?

こんにちは!

サナブリ真木です。

 

今日は、水曜日なので、オーガニックショップはらぺこあおむしで、里の市が開催されます!

サナブリは、朝からパンを焼いて、里の市限定で、焼き立てパンを販売しています(๑˃̵ᴗ˂̵)

 

他にも、フードメニューや、お菓子、ドリンクの出店者さんが来て下さり、他の地域では、なかなか無い、何を食べても、安心で、美味しく、こだわりが感じられる、やさし〜いイベントなのです♪

 

そして、何と言っても農家さんが持って来て下さる採れたて野菜!

こんなに良いものを、直接買えるなんて、都会ではなかなかないですよね〜〜(´∀`)

 

私達、はらぺこあおむし、サナブリの姉妹店は、

「生産者さんと、お客様をつなぐ架け橋になりたい」

と願っています。

 

これも、主催者である弟や、はらぺこをやっている妹、そして私の母である、美和子が、

「若い農の担い手を育てる為に〜」

「生産者と消費者が出会う場所を〜」

「あったかい食卓を子供達に〜」

と念仏のようにボソボソと唱え続けたため始まったイベントなのです!

 

別名、「美和子の呪縛イベント」です。

 

何を買うか?どこで買うか?誰から買うか?

を選択出来る地域を目指して、毎週、里の市は開催されています。

 

そして、11月から里の市では、様々な企画が始まります!

 

23日には、里の市初のトークイベントを開催します!

最初のトーク担当は、わ・た・く・し!

 

「サナブリ真木」

の熱々トークイベントです!

 

また、時間などはお知らせさせていただきますのでぜひ、ご来場下さいませ!

よろしくお願いいたししますm(_ _)m

 

里の市の時間は、11月から変更になりまして、

11:00〜15:00になりました〜!

お子様が保育園に行っている間、ちょこっと里の市でお昼ごはんはいかがですか??

 

今月は、2日、16日、23日と出店しに、わたくしも、里の市に行きますので、皆様ぜひぜひ、お立ち寄り下さいませ!

 

 

さてさて、手放したら、自由になりました!という話をコンコンと書いてきたわけですが、

そうは言っても、どうしたら手放せるのか?

と思われる方も多いと思います。

 

これは、あくまで私の考えにはなるのですが、

手放したい方がおられたら、こうしてみたらいかがでしょう?

という方法をいくつか提案させていただきたいと思います。

 

ただ、この0になるという事は、大変、勇気と覚悟がいる事です!

 

自由に純粋に生きる為には、

今まで、ぎゅーっと握りしめてきた

自分のイメージ

固定概念

正誤の幻想

不足の幻想

優劣の幻想

などを一度手放さなければ、なりません。

 

 

それは、人に聞いた事を、自分の価値観と照らし合わせ、答え合わせした上で、いいとこ取りをしようとしても、絶対に0にはならないということです。

 

ゆらゆらと、揺れ動く事は出来ても、手を開くところまでは、なかなか怖くて出来ません。

 

何故ならば、今までやってきた事を否定されたような気持ちになるからです。

 

今までの人生は

間違いだったのか?

あの苦労はなんだったんだ?

どうしても、何十年もかけて、自分が作り上げてきた、自分の城を自分で壊すなんて、怖くてなかなか出来ないのです.°(ಗдಗ。)°.

 

ですが、勿論、今までが、間違いなはずもなければ、無意味なはずはありません!

 

すべて必要で、すべてが大切な経験です。

今まで築いて来た価値観は、「私」を体験する為に必要不可欠で、それがあったからこそ今がある事は、間違いありません。

 

今、現在

何かとうまくいっている方、

幸せ満喫中の方

心が満たされている方は

もちろん、何かを手放さなければならない!ということはありません。

 

そして、何をどう選択するかは、人それぞれのもちろん自由ですので、こうしたら良いですよ!という話ではありません。

 

なんか分からないけど、私って

「こじれてないかい?」

「ずっと同じ事悩んでないかい?」

と思われる方、

「ステージを上げたい」

という方

こんな方法はいかがでしょうか?という話です。

よろしくお付き合い下さいませ。

 

ひとつめに、

一番一気に、すべてが、ひっくり変えるのは

「死にかける」

ことではないでしょうか?

もちろん、みんな!

「死にかけましょう!」

という話では、ありません。

ただ、私が出会ったり、知っている、天命をイキイキと生きている方の中には、震災や、病気、事故などで、生死を彷徨った方が多くいるのです。

それを考えると、死を間近に感じた時に、人間は、小さい事でクヨクヨしている事が馬鹿らしくなり、

「危なかった!死んでもおかしくなかった!どうせ死ぬなら、思いっきりやりたい事をやってやろう!」

と恐れを振り切ってパッカーンと人生を切り開いていくのではないかと思います。

 

ですから、とりあえず、自分も余命1年だと思い込んで生きてみるというのは、意外と有効かもしれません。

 

なかなか思い込むのは、難しいですが、頑張って想像してみて、余命1年でも、この判断や、選択をするのか?

 

と考えながら、シンプルに1日を過ごすという事です。

 

私達は、いつまでも、人生が続いていくと思うから、他人軸の人生や、我慢だらけの人生に疑問を持たずに過ごしてしまうのではないでしょうか?

 本当に明日、死ぬかもしれないので悔い無く生きたいものだと思います。

 

 

ふたつめに、

我慢するのをやめる。

というのがあります。

 

頑張るのをやめてみる。

嫌な事を無理してやるのをやめてみる。

嫌な人と過ごす事をやめてみる。

我慢をやめて「嫌だ!」と言ってみる。

気がのらない誘いは、すべて断ってみる。

しんどい時に我慢して無理して仕事をしたり、家事をするのをやめてみる。

気が重いけど、正しいからとやってきた事をすべてやめてみる。

 

私達日本人は、

「人に気に入られる努力をしなければ、受け入れられない」

 

という固定概念が、ベッタリと張り付いてしまっているような気がします。

 

これを手放すためには、どんなに怖くても、その努力をやめなければなりません。

 

潜在意識が、確信するまで、断固として、我慢をやめ、楽しい事、嬉しい事、自分が、パーフェクトヒューマンならば、やるであろう事をやり続ける事がおすすめです。

 

「自分は、そのままで価値がある!」

 

を確信するためには、そのように信じ、そのように振る舞うしかないのです。

 

そうすれば、潜在意識の確信が変わり、必ず現象が変わり始めます。

 

そのままで、価値があるという現象が起こり始めるのです!

 

我慢しているうちは、

「我慢しなければ受け入れられない」

という、現象が終わる事はありません。

 

もしかしたら、我慢をやめて、好きなようにし出したら、怒ってくる人が現れるかもしれません。

 

でも、怒ってくるその人は、確実にすごく、我慢をしている人です。

 

ですから、

「あなたのおかげで、私はこんなに自由にさせてもらえて、本当に感謝しています。

ありがとう!ぜひ、あなたも好きな事をしてください」

とキラキラしながら言っておいて、後は気にしない事です。

 

あんまりうるさければ、

「うるさいぞー!」

と言う事です。

 

それでもあきらめなければ、

「ええ加減にせえよー!」

と言う事です。

 

本当は、その人の決意を覆せるのは、その人、本人だけなのです。

 

とにかく腹をくくって我慢をやめる事がおすすめです。

 

これで、確実に何かは変わります。

この自分を見ていたフィルターが変わった時に、新しい事が入り出すのです。

騙されたと思ってぜひやってみて下さい!

 

方法については、後いくつか書きたいと思いますが、すっごく長くなってしまったので、また明日!

 

読んでくださってありがとうございました〜!

またお会いしましょう(´∀`)アハハハハ〜〜!