サナブリ真木のなるほど!ブログ

カフェを経営したり、子育てしたりする中で、気付いた事を発信していきます!

反応を止める作戦A

こんにちは!

サナブリ真木です。

今日は、昨日書いた、悩みの正体を理解していても、どうしても今までの癖で、反応が出て、ついイライラしたり、クヨクヨしたりしまった場合、どうしたらいいかを書きたいと思います。

 

私達は、かなり色々な事に反応して生きています。

 

褒められれば、「嬉しい」という反応が起き、

怒られたり、尊重されなければ、「悲しい」や「腹が立つ」という反応が起きます。

 

いい事ばかり続けば、ずっと嬉しい、楽しいという反応でいられるのですが、なかなかそうも行きません。

 

もちろん、1番大切な事は、反応しないという事です。

 

自分の外で起こる事をすべて、コントロールする事は出来ませんから、何があっても

「私はこれで、大丈夫」

と確信し、簡単にはグラつかず、どっしりといられるようになる事が大切です。

 

そうなってしまえば、

周りのすべてのものを受け入れ、愛情を持って接しながらも、ほとんどの事に影響を受けにくくなっていきます。

 

ですが、自分の確信から起こった現象だと理解したとしても、すぐに何事にもグラつかず、心穏やかにいるというのはとても難しいものです。

これこそ、ある程度修行が必要です。

 

そんな時どうしたら良いか?

私が考えた作戦を紹介します。

 

今日は、まず、作戦Aを紹介します。

名付けて。

「心と反対の事を言っちゃう作戦」

です。

例えば、会社の上司が重箱の角をつついた様な、小さいミスをネチネチと責めてきたとします。

心の中は、ネガティヴな反応で真っ黒なります。

 

「また、小さい事をネチネチとo(`ω´ )oあんたかって、この前同じような事やってたやん!ホンマ器が小さいやつやで!!あ〜腹立つ〜!!」

とどうしても、反応して思ってしまいます。

 

ここで、この真っ黒い反応を押さえて、いくら

「この人も、色々我慢してるんやなあ。そりゃ怒りたくもなるよな〜〜」

 

と思おうとしても、腹がたっているので、自分の感情を抑え込む必要が出てしまいます。

 

ですから、そんな時は、心にある事と、全く逆の事を無理やり言葉にしてしまうのです。

 

「ご指摘、いつも、ありがとうございます。

勉強になります!あ〜仕事がはかどるー!」

 

と目を血走らせながら、言うのです。

完全に怒ってますよね?

という態度のままで構いません。

 

1人でガシャガシャと、動きながら、

「本当に、助かるわ〜!課長は、ホンマにナイスガイやで。

まあ、私もたいがい、イケてるけどな。

史上、最高の名コンビやで!

ありがたくて、涙が出るわ〜!課長ホンマに、あんたは課長やで!」

 

とブツブツ言うのです。

 

そうすると、だんだん、アホらしくなってきます。

この作戦の意図は、こうです。

 

私達の目の前で起こる現象は、私達の意識からきています。

なぜ意識から現象が起こるかというと、意識が、呼吸や、言葉や、行動を司っているからです。

ですから、この呼吸や、言葉や、行動を、意識より先に変えてしまうのです。

すると、意識していなくても、必ず現象が先に変わり始めます。

そうすると、現象を見て深めていた、確信が変わってきます。

 

はじめは、この状況を、どう捉えたらいいか分からなかった課長も、

「ありがとうございます!」

と言われ続ければ、必ず、ネチネチターゲットを変え始めます。

感謝してくる人の前では、良いカッコをしたくなるのです!

 

「課長は、私に、とても良くしてくださいます。私は課長にだけは、頭が上がりません。本当にいつも、ありがとうございます。」

 

などと言われながら、ネチネチと、ミスを指摘出来る人などいないのですね。

 

そういう、言葉を最初は、無理やりでもいいので、使いまくっておくと、自分を取り巻く環境は、ガラリと変わってしまいます。

 

お世話になる前から、

「お世話になります!ありがとうございます!」

と多めに言っておくのです。

 

旦那さんが、

「自分の事ばっかり考えて、家族や、自分の事を大切にしてくれてない!」

と反応が出たら

 

「いつも、ありがとう!あなたは、自分の事だけ、考えてくれたらいいからね!私は本当に幸せやから!アハハ」

 

と包丁を持ちながら言いましょう。

 

子供が全然、急いでくれず、イライラの反応が出た時は

 

「ゆっくりで、いいよ!急がなくていいよ!ママは、ずーっと待ってるからね!なんてったって、待つのが趣味やからさ!オホホホ」

 

と、バッタバッタしながら、言いましょう。

 

周りの人は、怖すぎて、一時、不安定になるかもしれません。

 

ですが、

「早くしてー!」

と言っている限り、

「早くして欲しい」

現象から出て行く事は、出来ません。

 

この作戦Aを本気で遂行すれば、必ず変わってくるものがあります。

 

それは、自分自身の意識です。

「言葉にする」事は、

「考える」より、はるかに早い効果をもたらします。

 

私が1番オススメなのは、自分についてを言葉にしてしまう事です。

 

思っている正反対を言葉にします。

 

「どうせ、私は、何をやっても、うまくいったちゃうからな〜!

み〜んな、私を羨ましがってるわ。

旦那はイケメンで優しいし、

子供は天才で、かわいいし、

お金は、いくら使っても入ってくるし、

私は魅力と、才能がありすぎるし、そりゃ、ちょっとくらい妬まれちゃうよね!

ゴメンな。みんな。私だけ幸せを、独り占めしちゃって。

1人だけ幸せなのは、申し訳ないから、今度、おはぎ作ってみんなに配ろうかな?

私の、幸せ味のおはぎが、美味しすぎて、もしかしたら、商品化されちゃうかもしれんな。

そしたら、また、儲かっちゃうな〜。

ゴメンな。結局私ってば、何もかも、うまくいっちゃうね〜ん。」

 

と、思いっきり調子に乗って、1人でブツブツ言うのです。

 

どんなに、アホらしくても、言葉が変われば、必ず現象が、変わります。

 

誰かに褒めらた時も、わざわざ、謙遜せずに、

「お陰様です。ありがとうございます。」

と言った方が、絶対にいいのです。

日本人は、何故か

「いやいや!そんな事無いんですよ。実はわたくしめは、こんなに、バカでトンチンカンで、とんでもない、間抜けなんでこざいますよ!」

と一生懸命、自分を卑下しています。

 

言葉は、そのまま現象に現れますから、めちゃめちゃもったいないですよね?

 

私もこれからは、自分の言葉を大切に、作戦Aを遂行していきたいと思います。

 

もし、作戦Aを遂行して、成功した方がいたらご一報下さい!

また、ブログに紹介させていただけたらと思います。

ナイスエピソードを下さった方には、サナブリ真木のおはぎをプレゼントしますからね!

(多分) 

 

今日も、言葉を大切に過ごしましょう!

愛の言葉を使いましょう!

 

読んで下さってありがとうございました!

次は作戦Bですが、明日はブログをお休みします。

また、お会いしましょう(^-^)v

ありがとうございました〜!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このネガティヴな、反応を「まあいっか!」

と思うには、本当にぐらつかない身体と心が必要ですから、