読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サナブリ真木のなるほど!ブログ

カフェを経営したり、子育てしたりする中で、気付いた事を発信していきます!

娘よ。今の母ちゃんを見ておくれ。

こんにちは!

サナブリ真木です!

 

今日は、水曜日なので、パンを焼いて里の市に行きます(*´∀`*)

 

最近、私が出店に行っているのですが、やっぱりイベントって最高に楽しいですね!!

 

まず、

パンを作るのがとても楽しく、

パンを売るのもとても楽しく

色んな方と話せるのも

すっごく幸せです!

 

最近は、サナブリ弁当も販売しています!

これが、なかなか、好評でして(^-^)vエヘ

 

寒いとは思いますが、お時間ある方、ぜひぜひご来場下さいませ!

 

今日は、最近、娘に言われて、一番嬉しかった事を書きたいと思います。

 

双子の7歳の娘は、私によく手紙をくれます。

内容は、色々です。

 

少し前までは、

「お母さんへ  いつも、疲れているのに、お客さんの為に頑張って偉いね。」

とか、

「お母さんへ   いつも、正しくてありがとう。」

 

というような、アチャー(>_<)と目を覆いたくなるような、手紙をもらっていました。

 

特に、妹の晴乃は、いつも、

「お母さん、お仕事手伝うね。

お母さんは、いつも、疲れたー。ばっかり言うから、あたしが手伝ってあげるからね。」

 

と事あるごとに言っていました。

私は、そんなに、「疲れたー。」と言っているつもりは無かったので、言われる度に、ドキッとしていました。

その度に、

「お母さんは疲れてないよ。大丈夫だよ。」

と、ぎこちない笑顔で、ややムキになって言っていました。

 

ですが、昨日、その晴乃が、学校に行く直前に、こう言ったのです。

 

「お母さんはいいな〜〜。

毎日、楽しい仕事に行けて。」

 

私は本当に驚いてしまいました。

私は意識的に、「仕事が楽しい」と娘に言ったつもりなど無かったからです。

 

ですが、子供は、本当に敏感です。

 

私が出しているオーラをハッキリと読み取っているんですね!

 

私は、今この人生において、

子供たちが一目見て、

「こう生きればいいのだ」

と分かる、モデルになりたいと願っています。

 

何故なら、今の世の中、どう生きたらいいのか、あまりにも分かりにくいからです。

 

「こうしたらいいよ。」

と言っている大人達が、あまりにも苦しそうなので、そのようにしても幸せになれるとは、到底思えないように感じます。

 

子供達は、親の言う事は聞きませんが、親のしているようにします。

 

ですから、私の娘も、少し前までは、正しさという刀を振り回し、人を裁きまくっていました。

 

そして、自分も、その刀で刺しては、とても苦しそうにしていました。

 

私はその姿を見て、本当に、娘は私のしているようにしているのだなと分かり、とても申し訳なく感じていたのです。

 

正しさに縛られて、人を許せない事ほど不幸な事があるでしょうか?

 

私は、正しさにこだわっていたので、本当に沢山の人を傷付けてきました。

 

どうしても、許せない人がいました。

自分は、正しいから、教えてあげた方がいいと、正義の剣で斬りまくってきました。

 

今考えると、正義のヒーローが、

「もう降参しました!」と言っているその辺の悪役でもない人を、泣きながら叩き続けているという状況になっていました。

 

その辺の悪役でもない人というのは、主人の事ですが…。

ドンマイ…。

 

そして、自分も、とても苦しんでいました。

 

今まで言われた私を表す言葉

ベスト3は、

 

1位 パワフル

2位 威圧感がある

3位 強い

 

でした。

主人に私のイメージを聞いたところ

「鬼軍曹」

と言っていました。

 

これを見て、何を学べというのか?と今は、本当に笑ってしまいます。

 

でもその真っ只中にいる時には、本当に分からないのです。

 

自分の価値観にがんじがらめに縛られているからです。

 

1人を許せないという事は、全てを許せないという事です。

 

1人を許すという事は、全てを許すという事です。

 

自分を許していない人に、人を許す事は絶対に出来ません。

 

やはりどうしても、どうしても、そこが重要ポイントなのです。

 

私達はとても自分を責めています。

普通に生きていたら、そのようになる世の中だからです。

 

そして、多くの人が、

「自分を責めなくていいよ。」

と言われたら、

「責めてないよ。」

と答えます。

 

ですが、責めている人のほとんどは、自分で気付いていないのです。

 

自分を許す事、全てをありのままの状態で受け入れる事が出来れば、そこから本当の意味で自由な選択が可能になります。

 

私は、自分を許すという事を体験し、全てのひと、すべてのものを許せるようになり、

劇的に毎日が楽しくなりました。

 

1日1日が、喜びに溢れ、何事に対しても本気になれたと感じています。

 

娘は、それを見ていて、しっかりと感じ取ってくれたのでしょう!

 

私にとって仕事は、

喜びそのものです。

愛を伝える手段であり、

生きがいであり、

いのちの営みそのものです。

 

ですから、

その喜びこそを背中で見せて、生きたいと思います。

 

娘よ。よ〜く見ていなさい!

母ちゃんは、やったるで〜〜!!

 

今日も読んでくださってありがとうございました!

またお会いしましょう(*´∀`*)