読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サナブリ真木のなるほど!ブログ

カフェを経営したり、子育てしたりする中で、気付いた事を発信していきます!

「良い人」の壁を超えてこそ出来る仕事があるんですね!

こんにちは!

サナブリ真木です!

 

これから、クリスマスウィークが始まります(๑˃̵ᴗ˂̵)

サナブリでは今日から一週間

クリスマスランチセット

クリスマスディナーセット

を販売します。

 

クリスマスケーキも、あと少しならご予約いただけますので、ご希望があれば、また、お早めに連絡下さいませ!

 

今日は、「善人の壁」について書きたいと思います。

私達日本人は、とても「良い人」が多いとされています。

学校でも、会社でも、

「みんなの為に!」

「人の気持ちを考えて!」

と教えられてきました。

 

そのせいか、私達には

「我が強い人は迷惑」

「自己中心的な人は嫌われる」

というイメージが強くあり、そうなる事をとても不安に思っている人が多いと思うのです。

 

ですから、自分は、控えめにしゃしゃり出ず、場の空気を読んで行動するという体質の人が、たくさんいます。

 

こういう人は、基本的に優しく、人当たりが良いので、敵が出来にくく、気が弱い人も安心して接する事が出来ます。

 

私は、気が強いのか弱いのかどっちやねん!という性格で、

ハッキリ自分の意見をズバッと言ったかと思うと、その後、みんなの顔色を見て必死にフォローしたりする、ずっと、引っ込み思案なジャイアンのような子でした。

もはや、それは、ジャイ子とも言いますが。

 

ですから、どちらかというと、控えめな人とは話しやすく、我が我がタイプの人は苦手だな〜と常々思っていました。

 

ですが、最近学んだ事で、

「天命を生きるなら、善人を超えなければならない」

という話がありました。

 

というのも、

全てにとっての最善を選択する時、

その場にいる全員にとって嬉しい事であるとは限らないからです。

 

傷つく人がいたとしても、

その場の空気が凍りつくとしても、

必要であれば、

迷い無く選択出来なければならない。

 

そのように、常に、命懸けで臨まなければ、本当に自分がするべき事は見えてこないという事でした。

 

これは

「善人の壁を超える」

という事だと思います。

 

多くの人が、

良い人になりたくて、

良い人になって好かれたくて、

日頃から自分を押し殺し、

無理に我慢して

人や、その場に合わせようと努力しています。

 

そして、多くの人が頑張って良い人になった結果、多くの悩みを抱えています。

 

「良い人すぎる」

と言って振られたり

「あなたはいいよね」

と、ないがしろにされたり、

自分の意思と反する事を引き受ける羽目になったりする事です。

 

この事実を考えると、

「良い人になる」

という事は、私達が目指すべきゴールでは無いという事では無いでしょうか?

 

私も、

「心から優しくて、みんなに好かれる、良い人になりたい!」

と強く願っていました。

 

そうなろうとすればするほど、鬼軍曹である、ブラック真木がチョコチョコと顔を出し、これは、バレたらマズイぞ:(;゙゚'ω゚'):と、すごく取り繕う羽目になっていったのです。

 

この、裏と表がある状態って

本当にしんどいですよね!!

 

私は地元で商売をしている為、関わる人のほとんどが、お客様、スタッフ、生産者という関係で、とにかく、ずーっと表の顔でいなければならず、なんかとても苦しかったのです。

 

 

誰かに私の話を聞いて欲しい!

 

苦しくて、苦しくて、母と妹がにだけは、頻繁に愚痴をこぼしていました。

 

私の母は、驚くべき事に、そんな苦しそうな私の話を聞くだけ聞いて、何のアドバイスもしませんでした。

 

これが、美和子の恐るべき所ですが、私が何故苦しんでいるか、多分、分かっていたと思うのです。

 

娘がとても苦しんでいて、自分はその理由が分かっていて、どうすれば良いかも知っていたとして、それを言わないという事が、果たして私に出来るだろうか?と考えます。

 

これこそが

「全ては天の采配である」

と信じ切って生きている証拠です。

 

多分、すごく祈ってはいたと思います。

 

もしくは、意外と私の話を聞いている振りして、全く聞いていなかったか?

(母の事ですから、結構ありえます。)

 

母は、私に、

「これ行ってみたらどうかな?」

と今私が学んでいる、スピリチュアルな生き方「宇宙の真理」を教えて下さる先生の個人セッションのチラシを渡して来ました。

 

母は、本当にお金など無いのに、

 

「真木ちゃん、すごく頑張ったから、これお母さんがプレゼントするわ。」

 

とクシャクシャのお金と一緒にチラシを渡してきたのです。

 

しかも勝手に個人セッションを予約して、

 

「真木ちゃんが行かないなら、お母さんが行くから」

 

と、何ひとつ悩んでいない癖に、私が行かなければ、自分が個人セッションを受けようとしていたのです!

 

私は、

「お金は大丈夫やから、行ってみるわ。」

と言って、先生の所へ出かけて行きました。

 

自分の裏も表も出していいのだと思うと、部屋に入った瞬間から涙が溢れ出し、最初から最後まで、ず〜っと泣いていました。

 

その時、教えていただいた事は、握りしめているものが多すぎた私には、スコーンとは落ちて来なかったのですが、その半年後に

「そういう事だったのか!!」

と急に理解することになるのでした。

 

そして、今、ようやく私は、善人の壁を超えようとしています。

 

確かに、みんなが嬉しくて、笑っていられたら一番良いに決まっています。

 

でも、その為に一番大切な事は、

「全てにとっての最善の選択をする」

という事です。

 

これを選択した時、握りしめている価値観によっては、傷付く人、怒る人もいるでしょう。

 

「私の事を尊重してくれないんですか?」

ともっともらしく裁いてくる人もいるかもしれません。

 

ですが、

自分の価値は、人がどう思ったかで決まるものではありません。

そして、好かれようとして、人に合わせるという事は、本当の愛がする事では無いのです。

 

天命を生きる為には、

「必要ならば、やってやる!」

という強い覚悟が必要です。

 

それでも、自分の価値観の中で小さい幸せを追いかけるよりは、心はとても平安で、安心しきっていられるのだなと感じます。

 

良い人では、出来る事がかなり小さくまとまってしまいます。

 

「善人の壁」を超えてこそ、必要な事が必要な時に展開されていくのだと思います。

 

私はこれから、良い人も悪い人も卒業し、「ブッこむ人」を目指していきたいと思っています。

 

今日も、武器を持たずに、丸腰で、子供のように、本当の自分で過ごしましょう!

裏も表も全部合わせて、自分の最高のパーツであり魅力です。

誰かの目を気にせずに、場を波立てることを、良しとしてみましょう!

 

「良い人とは、どうでも良い人」

とはよく言ったものですね!

 

自分の制限を外し、

自分に与えられた役割を爆発させながら生きましょう!

 

読んで下さってありがとうございました!

また、お会いしましょう(*´∀`*)