サナブリ真木のなるほど!ブログ

カフェを経営したり、子育てしたりする中で、気付いた事を発信していきます!

手放したもの その12 着ていた鎧

こんにちは!

サナブリ真木です。

 

今日は、無理して強がってみたり、出来るふりをしてしまっていたり、

「自分とは、 こういうものです。」

を頑張ってアピールしていた私が、本当の自分で生きる覚悟をし、鎧を脱いだ話を書きたいと思います。

 

私は実は小さい頃から、すごい人見知りで、保育園、幼稚園、共になかなかクラスに馴染めずに、唯一、心を許している、年子の姉の教室にいさせてもらう程、手がかかる子供でした。

 

幼稚園は、あまりに、行くのが嫌過ぎて、最後まで行けず、まさかの中退になってしまったほどです。

 

家では、大きな声で話、兄弟喧嘩をしても誰にも負けない、パワーがあるのですが、知らない人の前だと、極度に緊張してしまうのです。

 

なので、子供の頃はなかなか、心から気を許せる友達を作れず、それをすごく気にしていて、毎年目標に、

「友達を作る!」

と掲げていました。

 

だんだん年を取るに連れて、

こうなったらいいな!という自分に近づいていくのですが、

「人見知り」「泣き虫」「弱い」「傷付きやすい」

という、嫌いな自分を封印し、

「社交的」」「強い」「パワフル」「サバサバしている」

といった理想の自分を、本当の自分だと思うようになってきました。

 

それでも、だんだん、上手くいかない事が出てくると、捨ててきた弱い自分が追いかけてくるのです。

人見知りで、弱くて、傷付きやすい小さい私が、

逃げれば逃げるほど

「私の事を忘れてるよ〜〜!」

と、追いかけてきて、

見ないようにすれば、するほど

「私もいるよ〜〜!」

とアピールしてくるのでした。

 

その真っ只中にいる時は、自分では分からないし、逃げている自分にも、気付きませんでした。

 

なのに

「私はこれでいい!」

と思った瞬間に、封印して、捨ててきた小さい、弱い私が、必死にしがみついているのがハッキリと分かりました。

 

人は、みんな、色々なパーツで出来ています。

自分の目から見て、

好ましいパーツもあれば、嫌いなパーツもあるでしょう。

 

でも、そのひとつひとつを組み合わせたものが自分そのものなのです。

 

それなのに、私は、嫌いなパーツを捨てて、好きなパーツだけ残して、これこそが、自分だと思い込んでいたのです。

 

ですが、自分を組み立て、支えているパーツが少ないと、人は必ずグラグラしてしまいます。

 

ですから、分厚い鎧を着る必要が出てくるのです。

 

誰にも気付かれないように、

誰にもスカスカな部分を押されないように、

「私はこういうものですが、何か?」

と虚勢を張って生きる事になっていました。

 

でも、

「弱くてもいい。」

「傷付きやすくてもいい。」

と嫌いなパーツを拾いあげ、自分に戻してあげると、それはそれは、本当の自分が喜びます。

 

そして、本当の意味で、

その嫌いなパーツから卒業できるのです。

 

そうなれば、もう鎧を着る必要はありません。

 

どれだけ、身軽になる事か!

私の場合は、鎧を脱いだ瞬間から、眠くて眠くて仕方なくなりました。

肩に力が入り過ぎて、しっかり眠れていなかったんですね(*_*)

 

捨ててきたパーツというのを見極める簡単な方法があります。

 

それは、周りの人のイライラする行動です。

 

時間にルーズ

責任感が無い

自己中心的

作業が遅い

迷惑をかける

人の話を、聞かない

不機嫌

挨拶、感謝が無い

ズルイ

ネガティブ

 

など、上げればきりがありませんが、無性にイライラする行動は、自分が捨ててきたパーツを、相手の行動を通して見ているのです。

 

その証拠に、同じ行動を見て、イライラしない人もいますよね?

 

相手が自分に教えてくれた、捨ててきたパーツを拾い、戻すため

 

「私は○○でもいい」

と言ってみて下さい。

 

「私は責任感が無くてもいい」

「私はネガティブでいい」

 

言ってみた時に、涙が出たら、それが自分の捨ててきたパーツです。

 

自分の大切な短所であり長所です。

 

私達は、すでに高価で尊い存在です。

だから、嫌いなパーツを捨てなくていいのです。

そのままでいいんですね。

 

パーツを選ばなくても、そのままで、最高です。

絶対に、大丈夫です。

そのままの方が、持てる力を何倍も発揮出来るという事が、鎧を脱いで、身軽になってみて、初めて分かりました。

 

私は、サナブリを始めて、鎧を着て、カツラをかぶり、ものすごい真剣に頑張っていました。

 

そして、途中からカツラがずれていて、みんなにバレバレだったのですが、本人があまりに真剣だったので、みんなもどこを見たらいいのか、分からなかったんでしょうね(^_^;)

 

私が

「ジャーン!実はカツラでした〜!」

と明るく言ったら、みんなも、ホッとしたのが分かりました。

だいたい、気付いていないのは、自分だけだったりするのです!

 

私はこれから、鎧を脱いで、丸腰で生きようと思います。

 

無理をせず、強がらず、等身大の自分で生きる事こそ、本当の強さだと思うからです。

 

今日も、ありのままの自分で生きましょう!

意外に、自分が思っている嫌いなパーツは、人に役割を与え、人を癒します!

結構役に立ってたりするんです!

捨ててきた、嫌いなパーツと、それを見せて、教えてくれる人達に、

「あーざーっす!」と言いましょう!

 

読んでくださってありがとうございました!

また、お会いしましょう(๑˃̵ᴗ˂̵)