サナブリ真木のなるほど!ブログ

カフェを経営したり、子育てしたりする中で、気付いた事を発信していきます!

私達は、不思議な事に同じ事を言われても人によって受け取り方が違います。それは何故なんでしょうか?体験とは何か?を書きました。

おはようございます!サナブリ真木です。

昨日の台風、凄かったですね。

皆様、大丈夫でしたでしょうか?

 

サナブリも早めに閉店して、珍しく家族揃って夕ご飯を食べる事が出来ました。

 

わたくしサナブリ真木は、英語の短期集中コースを遂に終了したところです。

まだ英語をペラペラと話す事は出来ませんが、奇跡的に、だいぶ聞き取れるようになりました。

 

この英語のクラスでは、ただ英語を学ばせてもらっただけでなく、私自身が、本当に驚くほど成長させてもらいました。

 

不思議な事に、文法や発音、英語で伝えるとは?聴くとは?だけでなく、愛とは?体験とは?経営とは?教育とは?など自分自身の在り方についても英語を通して本当に多くの事を学ばせていただいたのです。

 

この事は本当に驚きでした。

 

まず、師匠である馬渕先生と英語クラスの為にイギリスから来て下さったスペイン人の先生お二人共が、今まで私が経験した事が無いような真剣さで関わって下さった事で、私も今までに経験した事が無いような真剣さで、学ぶ事が出来ました。

 

何をするにしても、フルコミットで真剣に向き合う事が、楽しさや、達成感、そして結果を連れて来てくれるのだと身体中で体験したような気がします。

 

今日は、そんな英語のレッスンと、日々の生活の中で、確信を持って理解した事がありますので、紹介させていただきます。

 

それは、体験についてです。

いつもブログに書いていますが、私達は、まず意識状態が呼吸や言動を司り、意識にある通りの体験をしています。

 

ですから、意識がどういう状態かが、とても重要です。

 

私達は、それぞれ意識にあるものが違うので、同じ事が起こっても、全く違う体験をする事になるのです。

 

特に英語のように自分の頭の中で日本語に変換して理解する時、その違いは顕著になります。

同じ言葉を聞いても、各自のフィルターによって、全く違う色がつき、全く違う体験が起きるという事を、私は身を持って体験したのでした。

 

その事を意識しながら暮らしていると、全てが正にそうなってる!と感じるのです。

 

例えば、

Do you understand?

と聞かれたとします。

質問は、

「分かりますか?」

ですから、答えは

Yes I do.

かもしくは、

No I don't.

になるわけです。

 

ですが、自分の中にある意識によって、質問を受け取る時点で解釈が人によって大きく変わります。

 

例えば

「今日は宿題や準備が万全に出来ていない。」

という意識があると、この質問に対して、ドキッとする反応が出てワタワタして、

Yes I don't.

という「どっちやねん!」という事を言ってしまったりするわけです。

 

また、

*私は理解するのが遅い

*私は何かと足りていない

*あの人は、きっと私に不満がある

*このくらいの事が分からなければ嫌われるのではないか?

*理解力があると思われたい

*私に分からないはずがない

*ここで、分からないと言ったら、授業を授業を中断する事になるのかな?

 

 

といった様々な意識により、

このシンプルなYesNoクエスチョンに対して、

「すみません。」と答えたり、分からないのに、「分かります。」とい言ってしまったりするのです。

 

こんな事が私たちの頭の中で毎日毎日繰り広げられています。

 

何と答えるのがベストなのか?

何と答えれば受け入れられるのか?

 

この頭の中のおしゃべりは、本当に人を消耗させます。

 

私も、以前は、一つ一つの言動を頭で考えてしていましたが、今考えると、物凄い労力を使っていたと思うのです。

 

このように、

今起きている事、今言われた事、今聞かれている事を、私達はいつも自分の中にあるものの答え合わせとして使っているのです。

 

ですから、

私は足りていない

という自己否定が意識の中にあると、何もかもがそう見え、そう言われているように聞こえます。

 

これは、本当に大変な事です。

毎日、毎時間、足りていない自分を確認し続ける事になるからです。

 

そして、更に大変な事に、人は自分にしてあげたようにしか人にしてあげられませんので、周りの人、家族や友人、仕事場の人に対しても、足りていないその人を確認し続ける事になるのです。

このようにして育てられた子供達が、どうなっていくかは、もうお分かりの通りです。

 (もちろん、それも必要な体験なわけですが)

 

私は、ある時期から、主人が私に不満を持っていると強く思うようになっていきました。

 

すると、何をどう見てもそう見えるようになりました。

そして、その事にとても、傷付いていました。

その事が苦しくて仕方無いくせに、

主人が普通の時に、

「何がそんなに不満なん?」

と問い詰めては、怒らせ、

「ほ〜ら!やっぱり怒ってるやん!」

と自分の意識にあるものの答え合わせをしていたのでした。

 

主人は、心の中で、

「俺は当たり屋と結婚してしもたようや。」

と思っていた事でしょう。

 

自分がそうしていたと分かったのは、もうどうにもならないくらい、疲れ果ててからの事です。

 

そして、この意識にあるものが例えポジティブな思い込みであったとしても、そこに、条件がある限り、私達は見当違いの場所に、満足や安心を探し続ける事になるのです。

 

本当の満足、本当の安心、本当の癒し、本当の愛を体験する為に、理由も条件も必要ありません。

 

何も持っていなくても、

誰にも認めらていなくても、

どんな状況下にあっても、

意識に愛があれば、絶対に揺らがない愛の体験をするのです。

 

私達は、目の前で起こっている事を体験する前に、まず意識で必ず体験しています。

 

意識で体験した事を、実際に現象として体験するのです。

 

ですから、不安になる現象が起こる場合、自分の意識の中に何があるのかを、まず知る必要があります。

 

それは、決して怖い事でも、辛い事でもありません。

恐れの中に入っていく感覚で、不安に意識の光を当てた時、必ずボヤッとしたお化けの正体に気付くのです。

 

自分が、握りしめているものに気が付き、それが今はもう必要無いのだと分かって、手放した時、私達は必ず身軽になります。

 

昨日の自分が嘘だと思えるくらい、一瞬で自由になる事が出来るのです。

 

それは、魂が震える体験です。

 

なぜなら、荷物を降ろして自由になる事は、

 

本当の自分と出会うこと

 

だからです。

 

 頭の中のおしゃべりが静まり、自分の作り上げてきた価値観や固定観念に気付いて手放した時、私達は、本当の自分との出会いを体験するのです。

 

今月のAwekning cafeはお仕事の話をさせていただきます。

 

私達が仕事を通して学ぶことは無限です。

 

自分の役割を通して与えること「仕事」

 

今、私達の目の前にある仕事というのは、必ず現時点での私達を成長させてくれ、現時点での私達の役割を教えてくれる、最高のものが与えられているようです。

 

それに気付いて本気で向き合った時、また新たなステージが与えられるという、とってもワクワクする流れになっているんですね!

 

8月25日(金)14:30から

伊賀上野の新天地商店街のレンタルスペース

the spaceで行います!

 

今回は初めての上野です。

オシャレ空間で、私も楽しみにしています!

サナブリのケーキとお茶を召し上がっていただけますので、ご興味をお持ちの方は、お気軽にお問い合わせくださいませ!

 

 読んで下さってありがとうございました。

では、今日も素敵な1日をお過ごしください!

またお会いしましょう( ´∀`)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば、