読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サナブリ真木のなるほど!ブログ

カフェを経営したり、子育てしたりする中で、気付いた事を発信していきます!

色々握り締めているとうまくいかない。ではどうしたら手放せるのか? その2

こんにちは!

サナブリ真木です。

今日は、昨日の続きです。

どうしたら手放せるかについて、書いていきたいと思います。

 

ひとつめは

「余命1年のつもりでシンプルに生きる」

ふたつめは

「我慢をやめてみる」

でした。

 

みっつめに

「自分の役割に徹してみる」

というのは、どうでしょうか?

毎日の暮らしの中で、色々と、気になる事はあると思うのですが、心配や、悩みというのは、ある程度、頭が暇な時にやってきます。

 

夢中で、ガムシャラに生きていたら、あまり悩む暇が無いと思うのです。

 

そのガムシャラも、我慢のガムシャラだと、いつか必ず爆発が起こり、周りの人が吹っ飛んで

しまうことになりかねません。

 

ですから、自分が、ワクワクする事、夢中でできる事を、モーレツにやり続けてみるのです。

 

夢中で出来る事を通して、人に、社会に、そしてありとあらゆる生命に、地球に、対象は何でもいいので、与え尽くすという事を徹底してやってみるのです。

 

そうしていると、我慢などしている暇はありません。価値観がひっくり返るような、内部核爆発が起きる可能性は大いにあります。

 

 

そして、最後に、本当にすべてを手放しても、一切揺るがないパーフェクトな方法があります。それは

「降参して生きる」

ということです。

 

もちろん、私もこれが、出来ている訳もなく、まだまだ、揺るぎながら毎日を生きています。

 

私の母の話を何度か書きましたが、母は、すべてを天にお任せして生きています。

 

ありとあらゆる事を、手放しているのです。

 

困った事が起こっても、ハッキリ言って全く困っていません。

 

それは、

「すべては、神の采配である」

と確信しているからに違いありません。

 

例えば、自分が必死になって準備を進めてきたプロジェクトが、本番直前になって中止しなければならなくなったとします。

 

私ならば、ここまで頑張ってきたんだ!

なんとかして出来ないものか?

と考え、走り回ると思うのですが、

母なら、多分

なんの迷いもなく、

「分かりました」

と笑顔で言えてしまうのです。

 

これは、ありとあらゆる事は、

「すべてにとって最善だから起こる」

と知り尽くしているからに違いありません。

 

母は、いつの頃からか、「自分が」というエゴが無くなっていて、「私達みんなが」と全体として物事を捉えられるようになっています。

 

自分だけの事を考えると、どうしても受け入れられないし、褒められたいし、労って欲しいし、あれだけ、頑張ったのに損したー!と満たされない思いを抱えてしまうと思います。

 

ですが、

「神様がすべて必要な事をしてくださるので、それに従って、真面目に誠実に生きていればいい」

 

と考えていると、一瞬にしてすべてを手放せるようなのです。

 

これは、決して「信仰を持ちましょう。」と言う話ではありません。

 

人生の最高責任者は、自分ではないと思って生きる

 

ということです。

 

私は、少し前から

スピリチュアルの学びを始めました。

 

精神世界だけでなく、すべてを網羅していて、圧倒的な知識と、愛で、分かりやすく教えて下さる先生がいらっしゃって、その先生と初めてお話させていだいた時に

「自分の自己真実では、うまくいかない」

という事を教えていただきました。

 

私はその時に、初めて、自分の価値観を疑ったのでした。

 

そして、その先生から

「surrender with joy」

サレンダー ウィズ ジョイ

という言葉を教えていただきました。

 

「喜んで降参していなさい」

 

という意味だそうです。

 

神様でも、仏様でも、イエスキリストでも、宇宙でも、何でもいいそうです。

 

私達は自分の人生を、自分次第で切り開いていくと思っているので、不安にもなるし、正しさに魅了されたりもしてしまいます。

 

ですが、すべてを委ねて生きる事を選択すれば、正誤や、損得感情対から起こってくる不安により、揺らぐ必要が全く無くなり、自分が与えらた使命を全う出来るそうなのです。

 

 「surrender with joy」

本当にシンプルですが、綺麗な言葉だなと思いました。

 

私は、この言葉が、心に焼き付いて離れなくなりました。

 

前は分からなかった、母のその

「天にお任せ」

の生き方は、献身、愛そのものなのですが、ビジネスにもなれば、政治にも通用してしまうような、ものすごいパワーがあるのです。

 

なぜならば、自分個人のためでは無いからです。

私達すべての為だからです。

 

すべての為に必要ならば、この願いを叶えて下さいというスタンスの祈りなら、現象が自然に起こっていって当然かもしれません。

 

ただ、母の場合は、次々と、天からの言葉を受信してくる上に、一生懸命やっている事があまりにも不器用なので、私達子供や、巻き込まれた人達が、必死に頑張る羽目になっているという訳なのです!

 

最近、母は、すべてを手放しているな〜〜と思いながら見ていたのに、

ご飯を作ると

「ちょっと、からかった」

「ちょっと、焦げちゃった」

とすべての料理に対して、言い訳をしているので

「そこは、手放せへんのかい!」

と思う今日この頃です。

 

なかなか、難しく感じる方も、多いと思いますが、やっぱり私達は、貢献したり、つながったりしている時に本当の喜びを見出すようです。

 

ですから、「自分」と、とことん向き合った上で「自分が」を卒業し、「私達すべてが」

に変わっていけたらいいなぁと思います。

 

 そうです!

 

Yes! we can!です!

古い?

 

今日も、出来る事から始めましょう!

すべては、最善の為に起きるのですから!

 

今日も読んでくださってありがとうございました〜!

また、お会いしましょう!