サナブリ真木のなるほど!ブログ

カフェを経営したり、子育てしたりする中で、気付いた事を発信していきます!

「ありがとう!」1万回で本当に奇跡は起きるのか?ありがとうの力

こんにちは!

サナブリ真木です!

 

今日は、私が今まで試練や、壁を目の前にした時や、考えすぎて、道に迷いそうになった時、いつも私を導き、新たな道を示してくれた

「ありがとう」の力について、書きたいと思います。

 

私は、以前ABCクッキングスタジオという、料理教室で責任者をしていました。

 

私が入社した時は、全国展開の真っ只中で、どんどん新しい教室が出来てくるので、どんどんスタッフを育成しなければなりませんでした。

 

私を含め、責任者はかなり移動があり、新しい教室に行く度に、どうしたら、この教室が軌道にのっていくか?と考えて、本気で風土を作り上げていくという、最高にありがたい経験をさせてもらいました。

 

私が27歳くらいだった時だと思います。

かなり、うまくいっていない教室に移動した事がありました。

 

私は、その時、すごく自信を無くしており、その教室に行くのが不安で、左遷されたような気持ちになっていました。

 

実際、転勤初日に行ってみると、そこにいたスタッフも、「落ちこぼれ」の烙印を押されていたようで、目が死んでるな〜と思ったのを覚えています。

 

私は、はじめの1〜2ヶ月、今までのやり方で、何とか結果を出そうとして頑張っていましたが、あまりうまくいく気配が見えず、毎日が追い詰めらたような気分になっていました。

 

そんな時の事です。

 

たまたま、家で、ボーッとテレビを見ていたら、

NHKで、夜回り先生の水谷先生の特集をやっていました。

 

ご存知の方も多いと思いますが、無知ゆえにシンナーやドラックで、身体がボロボロになっている子供達と出会い、そうなる前に、何とか子供達を救いたいと、色々な活動をされているという紹介をしていました。

 

その中で、リストカットをしながら電話をかけてくる子供が沢山いて、水谷先生が、その子供に話しかけているシーンがありました。

 

「先生!今、手首を切った。助けて!もう生きてられないよ!」

 

と近くの大人の誰にも言えない子供から、電話が入りました。

 

私は、そんな切羽詰まった状況で、水谷先生がどのように声をかけるのか、すごく興味を持ちました。

 

水谷先生は、

「電話かけてくれて、ありがとうなー!

手首を切るなら、誰か信用出来る大人の前で切れ!

お前が生きていてくれる事が嬉しい人がきっといる。

それから、明日、一つでいいから、家の手伝いをしろ!

ゴミ出しでもいいし、

皿洗いでもいい!

ありがとう。と言われる事をしろ!

どうせ死ぬなら、ありがとうと言われる事をしてからにしろ!」

 

というような事を言っていました。

私は、その言葉がとても印象に残りました。

 

「ありがとう!」と言われる事こそが、人間が生きていく為に必要な事なのか…。

 

生きるか死ぬかの瀬戸際に、子供の心を動かせる言葉は「ありがとう!」しかないのかもしれないと思いました。

 

「死んで何なる!頑張れ!」

 

と言ってしまいそうな所ですが、

水谷先生は、もう、十分すぎるくらい、子供が頑張ってきた事を知っておられるのでしょう。

 

私はその時「ありがとう」のエネルギーって本当に凄いな!と思いました。

 

みんな、「ありがとう」と言われたくて生きているのかもしれないなと。

 

人間が生きていくために本当に必要なのは、

「地位や名誉やお金ではなく、ありがとうなのかもしれない。」

と思いました。

 

その言葉を聞いてから、私は教室のスタッフに

何かにつけて

「ありがとう!」と言うように心がけ、その子が得意な事をどんどん任せていきました。

とにかく、何か話す時も

「ありがとう!これお願い出来る?ありがとう。」

とありがとうを多めに言い続けました。

 

すると、スタッフの目は、みるみるうちに輝き出し、どんどん自信に満ち溢れてきて、本当にあっという間に教室の雰囲気が、ガラッと変わってしまったのです。

 

私は、本当に「ありがとう」の力に驚きました。

それからは、とにかく感謝を大切にしてきました。

 

サナブリを始めた時も、感謝を通して、地域や、お客様を元気にしたい

という事をコンセプトに、

田植えの後の「感謝の宴」

早苗饗(サナブリ)から

cafe sanaburiと名付けました。

 

最近も、色々な事を手放そうとしていても、いつもの癖で、不機嫌な人に反応してしまったり、子供が言う事を聞かずイライラしてしまった時も、とにかく何回も

「ありがとうございます!

ありがとうございます!

ありがとうございます!」

と呪文のように唱えて、心を落ち着けるようにしていました。

 

今まで、私が読んだ本の中には、

「ありがとうございます」

の力をコンコンと書いてあるものが沢山ありました。

 

その中でも、4、5冊くらいは、

「ありがとうございます」

を1万回唱えたら奇跡が起きた!というような事が書いてありました。

 

全然、別の人が書いているのですが、みなさん、何かしら驚くべき経験をされているようでした。

今までは、さすがにそんな暇は無いと思っていたんですが、思い付いたらやってみる!をモットーにしていた私は、

「よし、私も奇跡を体験してみるか!」

と1万回ありがとうを唱えてみる事にしました。

 

毎日乗る車の中で、

「ありがとうございます。

ありがとうございます。

ありがとうございます。」

とひたすら言い続けてみました。

飽きてきたら、

「ありがとうございま〜す。」

と車掌さん風に言ったり、服屋のお姉さん風に言ったりして1人で笑っていました。

 

1日500回目標で言い続け、3週間が過ぎました。

だいたい1万回くらい言えたかな〜と思っていた時、パッと宝くじのお店が目に入ってきたのです!!

宝くじなんて、今まで、目に入った事がなかったのに!もしかして、これは、奇跡が起こる!?

 

まさかな!と思いながらも、スクラッチを10枚、2000円で購入してみました。

 

そして、子供と一緒に削ってみたのです。

 

すると、なんという事でしょう!!!

 

当たったのです!!!

 

当選金額3000円が!

 

まあこんなもんかな。とは思いましたが(-_-)

 

そして、

「私、何してるんやろ。」

とも思いました。(-_-)

 

とりあえず、みんなでアイスを食べて帰りました。

 

まだ、大きな奇跡は、起きていませんが、ありがとう1万回により、頭はかなり、静かになりました。

 

 

ここまで読んで下さった方、アイスを食べた話ですみません(-_-)

 

私が、新車に乗って、ブイブイ言わせてたら、何か起こったな!!と思っておいてください。

 

でも、間違い無く、「ありがとう」には力があります。

 

自分の思考をクリアにし、人にエネルギーを与えるという、力です。

 

今日も、「ありがとう」と言われる事をして過ごしましょう!

そして「ありがとう!」を多めに言って過ごしましょう!

 

 

ありがとうございました〜!

ありがとうございました〜!

(いつもの2倍)

 

また、お会いしましょう(^-^)v